CLAP-N-CLANK

ワークアウト・筋トレ・フィットネス・ライフスタイル

MENU

【筋トレ】筋トレの効果的な時間帯っていつなの?

いつ筋トレしたら良いのか、悩んだ事ありませんか?f:id:detour88:20180214210231p:plain

筋トレを科学的分析して分かり易く動画にまとめるスペシャルトJeffさんの動画、参考になります!

比較モデル

具体的な説明は動画を見て頂くとして、まずは比較モデルの確認です。

youtu.be

※動画の一部を抜粋し、まとめています。全文は動画をご覧ください。

 

①午前トレーニング;有酸素運動レジスタンストレーニングの順番

②午前トレーニング;レジスタンストレーニング⇒有酸素運動の順番

③午後トレーニング;有酸素運動レジスタンストレーニングの順番

④午後トレーニング;レジスタンストレーニング⇒有酸素運動の順番

 

午前トレーニング 6:00-10:30AM

午後トレーニング 4:30-8:00PM

 

実験参加者は、極端に朝型タイプでも無いし、極端に夜型タイプでも無い。

 

有酸素運動を先に行った方が脂肪燃焼する?

いきなり余談ですが、脂肪燃焼を目的に有酸素運動レジスタンストレーニングの両方を行う場合、どちらを先に行いますか?

 

なんとなく、脂肪燃焼しやすそうなので有酸素運動を先に行う・・・はNG

 

トレーニングを行っている間だけの脂肪燃焼レベルを見ると効果的であるというデータはありますが、脂肪燃焼を、トレーニングを行っている数十分から数時間だけに頼る事自体が効率の悪い話になります。

 

脂肪燃焼は短くても24時間、1日単位で考える方が効率的という事になります。

要はトレーニングしてなくても、トレーニング効果を効かせた脂肪燃焼オートモード。

 

ですので、脂肪燃焼の為のエネルギーが充満な状態で各セッションを追い込んだ方が、トレーニング後も脂肪燃焼効果が継続され効率的、というわけですね。

 

具体的には、有酸素運動レジスタンストレーニングを同じ日に行う場合は、トレーニングの間に休憩時間を設けて軽食を摂る事が、Jeffさんおススメ!

 

それで、肝心のいつトレーニングした方が良いのかは?

(動画の10:40あたりから)

これは、まさに人の多様性が影響する所で、この時間がベスト!という回答は無いという事になります。

 

重要になってくるのは、ストレスレベルとエネルギーレベル。

例えば、

  • ストレス観点で見ると、日中帯蓄積されたストレスにより、トレーニングパフォーマンスが低下するという科学的データがあります。
  • 筋肉に蓄積されているエネルギー観点で見ると、朝は寝ている間の飢餓状態からのリカバリー中ですので、トレーニングパフォーマンスは良くない、という事も言えます。

 

要は、ストレス(脳)が少ない状態で、かつエネルギー(筋肉)が充満されている状態でのトレーニングがベストな時間という事ですね。

 

じゃーいつすれば良いのか?

 

現在提供されている運動環境も考慮して、ベストなタイミングは、午後という事になるかと思います。

 

これついては、個人的に全くもってして納得いかない結論ですが、今はこの選択肢が現実的な解だと思います。

 

動画データ

Jeff Nippard

公開日  2017/09/02

動画時間 14:11

シーン  屋内解説、ジムシーン無し