CLAP-N-CLANK

ワークアウト・筋トレ・フィットネス・ライフスタイル

MENU

500円以下で使える激安ジム!新宿区のおススメ公共施設|新宿スポーツセンター

お財布に優しいだけじゃない!

機能性ではそこらの民間ジムにも劣らない公共施設ジム。

今回は、新宿スポーツセンターをご紹介します。

bench press power rack cable pulley machine leg curl/extension/press dumbbell over 20kg cable lat pulldown cardio 

フリーウェイトが「濃い」

スペース的には結構狭いのに、フリーウェイトが充実!

トレーニングジムのご紹介

料金

3時間400円。

3時間って所も、400円って所も使える料金設定だと思います。

広さ

狭めの新宿スポーツセンターですが、そもそもの造り(空間設計)のせいでさらに狭く感じます。

新宿スポーツセンターのフリーウェイトスペースは一番奥にあるのですが、細長だと、どうしても無駄な導線が生じます。例えば、冷水器がジムの外にあるので、水を足しに行くときも戻ってくるときも、用もないのに必ずストレッチ、マシン、カーディオスペースを通る必要があります。ジムも無駄な導線が無い方が絶対的にプラスだと思います。

 後、因みに、新宿スポーツセンターにはストレッチスペースが一つだけです。

フリーウェイト

新宿スポーツセンターは、パワーラックもベンチプレスもあり、適度に充実しています。

 簡単にラインナップを紹介しますと

  • パワーラック 1台
  • Maxダンベル・ウェイト 28.5kg
  • ベンチプレス 1台
  • アジャスタブルベンチ 3台
  • フラットベンチ 1台

因みに、バーベルについては、あるのはありますが、台東リバーサイドスポーツセンターの7kgから40kgまでの豊富なバーベルラインアップにはかないません。

 

マシン

新宿スポーツセンターには、スミスマシンがありません

その他のマシンラインアップは、普通の新宿スポーツセンターです。

簡単にご紹介しますと、

  • ケーブルプーリー1台
  • レッグプレス
  • レッグカール
  • レッグエクステンション
  • シーテッドロー
  • ラットプルダウン
  • ショルダープレス
  • ペックフライ

等々

ランキング

それでは、早速のランキングです。

1位.台東リバーサイドスポーツセンター

2位.中央区立総合スポーツセンター

3位.新宿スポーツセンター

ランキング評価項目

  • まず、料金ですよね。公共施設の民間ジムとの最大の差別要素は、なんと言っても料金。
  • 次に、広さを見ます。ただでさえ暑苦しい空間ですから、窮屈じゃない程度のスペースは欲しいですよね。
  • 3つ目は、フリーウェイトエリアです。マックスウェイト、設備の充実度、広さ、利用ルールです。
  • 4つ目は、マシンエリアを見ます。マシンの数、種類を見ます。

台東リバーサイドスポーツセンターとの比較

今回は、台東リバーサイドスポーツセンターとの比較です。こんな感じかと思います。

comparison

ついでに、中央区立総合スポーツセンターとの比較です。

comparison

一番の理由は広さになります。

フリーウェイトについては、明らかに新宿スポーツセンターの勝利ですが、逆にマシンについては、中央区立総合スポーツセンターの勝利です。

まとめ 

如何でしたでしょうか?

パワーラックもありベンチプレスもあります。

ケーブルプーリもありますし、好印象です。

新宿区の致命的な所は、あの造りです。広く無いため、設備のバリエーションが少ない。それに加えて、無駄な導線が生じている機器配置。入口の場所を変える事ができれば、大分違ってくる印象です。

データ

Where

東京都新宿区大久保3-5-1

Open hours

9:00~22:00 

Price

3時間400円

Other

ウォーターサーバー

更衣室(2F;ジム内)

シャワールーム(無料)

レストラン併設