CLAP-N-CLANK

ワークアウト・筋トレ・フィットネス・ライフスタイル

MENU

【筋トレは人生を変える!】フィットネス成功者が語る秘訣「時間」

時間は人間社会において最大の味方であり最大の敵でもあると思います。

日々忙しくて、やりたい事ができない。

日々忙しくて、筋トレできない。

どうしてだ?このままで良いのか?って思いませんか。

f:id:detour88:20180204184256j:plain

紹介

忙しくて筋トレができない、ってのは実際あります。

日常は、様々な要素から構成されてますからね。仕事、家族、娯楽、etc

一般的に、フィットネスは、優先順位的に下位の分類。

 

 

問題は、如何にしてこの日常を構成する要素の一つに、フィットネスを組み込むか、だと思っています。

 

私見ですが、問題になってしまっている理由は、
今のフィットネスが日々の生活のリズムやスタイルに組み込めるように
作られていないから
だと思っています。

 

旧来からある大型フィットネスも、数年前から登場してきた中小規模レベルのフィットネス(e.g., 24h)も、ユーザーがなんとかして、自分の自由な時間を削って
フィットネスの為の時間を作らないと利用できません。

そして、サービス提供側も、ユーザーが無理して時間を作ってでも、
サービスを使ってもらうよう、魅力あるサービスを考えます。

 

この悪循環が、人の「時間が無い」を助長していると思っています。

このブログを立ち上げた理由の一つでもあります。

 

これも、

detour88.hatenablog.com

 

これも、

detour88.hatenablog.com

 

この悪循環の中で、なんとかして、日々の生活のリズムやスタイルに
フィットネスがフィットできるように、その形を変えることができないか
試行錯誤しています。

 

ずっと検討しているのは、日常を構成する要素の共通項である「時間」です。

 

少し話が長くなりますが、この「時間」に対する想いは、強いものがあります。

このブログでも投稿してきましたが、2017年2月に坐骨神経痛になり、寝たきりに
なりました。椅子に座ったり等、普通の生活ができるようになるまで半年間、
ずっと薬漬けで治療を継続。

数字で見ると短い期間でしたが、2か月間、寝たきりになった時は、
社会から離脱した感覚が半端ありませんでした。

正直、完全に終わったと思っていました。

 

と同時に、「生きている事」や「普通に生活ができる事」の貴重さを実体験として
感じていました。

 

これがきっかけに「時間」に対する想いが、もう一段深くなった気がしています。

 

以前から、仕事を効率的に回すであったり、会社以外の時間で自分の時間を
意味のある、有効に使うよう心がけて実践してきたつもりです。

しかし、寝たきりになり社会から離脱して、「時間」に対しての考え方で
根本的に欠落していたものに気づきました。

 

それは、全てには「終わり」がある、という事です。

 

強烈に恐ろしく感じました。かなり焦りました。

 

「時間」を効率的に活用する事には自信があったんですが、それは、効率的に時間を「活用」していたというよりも、効率的に時間を「埋めていた」わけです。

意味のある事で埋めているのかもしれません。でも、その頃の私は、時間は潤沢に
あり、効率的に時間を埋める事で、自己満足していただけでした。

 

寝たきりになり、「終わり」を感じた時、そして、自分の時間に対する想いが浅いと
気づいた時、以前も投稿した通り、
元気になったらとにかく「やる!」と決意しました。

detour88.hatenablog.com

 

そして、この経験で感じた時間に対する「恐怖心」を反動にしている時、
今回のJamesさんの動画。

youtu.be

※動画の一部を抜粋し、まとめています。全文は動画をご覧ください。

 

正直、びっくりしました。

時間に対する考え方も、フィットネスと日常に関する考え方も同じでした。

Don't have to take your lifestyle and fit it into this fitness mode.

Fit fitness into your life.  

Again, 会ったことないけど、力になりました。

 

 

動画データ

James Grage

公開日  2017/12/19

動画時間 15.50