ワンコイントレーニング|OneCoin Training

筋トレ - Workout - Fitness- Life style

MENU

月会費不要・料金500円以下で使えるおすすめフィットネスジム!東京都の公共施設・駒沢オリンピック公園総合運動場|ワンコイントレーニング

駒沢オリンピック公園総合運動場

おススメPOINT

 

  • 充実のフリーウェイト
  • 雰囲気◎筋トレ好きの為のジム

充実のフリーウェイト!

フラットベンチプレス

なんと、4台もあります。利用時間制限は30分。

その中の2台は、ベンチプレスバーは無く、ラックだけあります。

台数だけでいうと、東京体育館3台、台東リバーサイド3台を超えてます。

インクラインベンチプレス

これがある公共施設は、かなり珍しい!

バーベル

台東リバーサイドレベルのバーベルラインアップになります。

ダンベル

Maxダンベル・ウェイト 36kg

公共施設としては(大半がマックス20kg台)、重量級になります。

アジャスタブル、フラットベンチ

5つのフラットベンチ、2つのアジャスタブルベンチ

パワーラック

二つあります。パワーラックがある公共施設も希少価値ですからね。

 

駒沢は、マシンも充実してます。通常のマシンはあるので(東京体育館レベル)あえて掲載しませんが、スミスマシンが2台あります。

雰囲気◎筋トレ好きの為のジム

他の公共施設と比べて、トレーニングに集中できる環境という印象です。

っというのも、公共施設は、利用価格が安いという事もあり、色んな人(目的)がいます。

例えば、「暇だから来てる」とか「人と話す為に来てる」とか「なんとなく」とか。

要は、トレーニング以外の目的のように見える人が多くいます。

そんな公共施設の中でも、駒沢はフリーウェイトが充実している為か、比較的トレーニング目的で利用される人が多いと感じます。

それに、パーソナルトレーニングセッション(のような)を複数見ました。

個人的に、かなり良いモデルだと思ってます。

 

まず、個人的に思うのはジムそのものは無価値。ただ鉄の塊を置いてあるスペースなので。

そこで、ジムが提供すべき価値は、「人の帰属欲求を満たす」という事じゃないかと思います。

人は、一人では絶対に生きていけません。必ず何かに属しています。

この考えでいくと、「トレーニング時間を共有する」「トレーニング目標を共有する」「課題を共有する」等、様々な形で人が属せる何かを提供する事のできる、パーソナルトレーナーやトレーニングパートナーは良い感じだと思います。

他には、トレーニー同士の自由な関係を許容する「環境づくり」もジムが提供できる価値の一つかと思います。ジム利用ルールを複雑にする事は、トレーニー同士のコミュニケーションを変に阻害しかねないのでやめた方が良いと思います(トレーニーがお互いにルールを破ってないか監視し始める)。

因みに、世間話をする事で帰属感を提供するのはやめましょうね。

それだったら、運動施設である必要はありません。

運動施設という方向性は見失わずに価値を提供するという事です。

まとめ 

如何でしたでしょうか?

駒沢はトレーニングの為の施設という印象です。

素晴らしいと思います!

料金

2時間 450円

場所

東京都世田谷区駒沢公園1−1−1

その他

ウォーターサーバー

更衣室 

シャワールーム(無料)