CLAP-N-CLANK

ワークアウト・筋トレ・フィットネス

MENU

500円以下で使える激安ジム!千代田区のおススメ公共施設|千代田区立スポーツセンター

お財布に優しいだけじゃない!

機能性ではそこらの民間ジムにも劣あらない公共施設ジム。

今回は、千代田区立スポーツセンターをご紹介します。

power rack bench press smith machine cable pulley machine hip abduction adduction leg curl/extension/press dumbbell over 30kg cable lat pulldown cardio 

千代田区立スポーツセンター

サンドバック

やはり一番の特徴はコレ。フィットネスとサンドバックの組み合わせは、民間であれば、良く見ますが、公共施設ではかなり珍しい。

ヘビーダンベル

Max40kg。着脱式だったら40kg以上も。ダンベルを床に置いてるアメリカ(?)スタイル。

 

トレーニングジムのご紹介

料金

500円 時間無制限。

若干高めではありますが、環境が充実していればOKですね。

広さ

トレーニングルームは、3階にあります。

千代田区立スポーツセンター

次に、トレーニングルーム自体の造りですが、長細い造りになっていて、マシン系とフリーウェイト系のエリアがあり、フリーウェイト系が中心のトレーニングルームという印象です。

余談ですが、フリーウェイト系って(特にダンベルとかベンチとか)、器具自体の設置スペースは狭くて良いわけですが、使用時の事を考えると、結構広さが必要ですよね。

例えば、30セットダンベルがあった場合、最多で30人が同時にダンベルを使ったり、っとなると、30人分の広さが必要になるかと思います。

そんな広さ的な課題なのかフリーウエイトが充実している公共施設って希少です。特に都内の公共施設とかって十分な広さが取れませんからね。

千代田区立スポーツセンターのトレーニングルームは決して広くはありません。結構狭い部類に入ります。それでも、フリーウェイトが充実していれる千代田区、気に入ってます!

その他造りの説明をしますと、

  • トレーニングルーム入ってすぐ右手にストレッチスペースがあります。
  • その次に、カーディオマシン群
  • その次に、ウェイトスタック型のマシン群
  • その奥に、フリーウェイトエリア
  • さらにその奥に、サンドバッグ(あれは、どういう経緯なんでしょう。特に格闘技色があるようなジムではなく、至極通常のジムですが、なぜかサンドバッグが設置されています。)

 

フリーウェイト

一番の特徴は、ダンベルがヘビー!

  • Maxダンベル・ウェイト 40kg以上

軽いのから重いのまで、ダンベルのバリエーションが豊富です。

さらに、着脱式のダンベルもあったような記憶があり、プレート付けまくって40kg以上も可能かと思います。

因みに、さらに特徴的なのは、ダンベルは「床」に転がすアメリカ?スタイル。床に転がすスタイル 賛成です。40kgとか超えると正直ラックに戻すの危ないですからね。ただでさえトレーニングで疲れ果ててるわけですし。

#軽いダンベルはダンベルラック

  • バーベル

10kgから45kgのバーベルラインアップになります。

  • フラットベンチプレス

2台あります。区営でフラットベンチプレス2台置いてる時点で、サムズアップです。

  • パワーラック

しかも、パワーラックまである。

  • アジャスタブルベンチ、フラットベンチ

それぞれ1台。 

マシン

全体的に少ない方だとは思いますが、大抵のトレーニングができるかと思います。

特徴的なのは、ケーブルプーリーが2台(2種類)あります。

一つは、よく見るこういうやつ(↓は、メーカーが違いますが)。

もう一つは、アームがあってアームの先にグリップが付いている。アームの角度を変える事で、様々な角度でのトレーニングができます、というやつです。

後、もう一つ特徴的なのは、スミスマシンです。

バーを吊ってるケーブルが取り外し可能で、バーの重さを変える事ができます。

↑今は(2018年10月)、ここもケーブル取り外しNGになってしまいました。

その他、ざっくりと、

  • レッグプレス
  • レッグエクステンション
  • レッグカール
  • チェストプレス
  • ケーブルラットプル
  • ケーブルロー
  • ショルダープレス
  • アブドミナル
  • ヒップアブダクション、アダクション
  • etc

ランキング

1位.駒沢オリンピック公園総合運動場トレーニングルーム

2位.東京体育館フィットネスアリーナ

3位.台東リバーサイドスポーツセンター

3位.東京武道館

5位.足立区総合スポーツセンター

6位.中央区立総合スポーツセンター

7位.千代田区立スポーツセンター

8位.江東区スポーツ会館

9位.港区スポーツセンター

10位.荒川総合スポーツセンター

11位.池袋スポーツセンター

12位.新宿スポーツセンター

ランキング評価項目

  • まず、料金ですよね。公共施設の民間ジムとの最大の差別要素は、なんと言っても料金。
  • 次に、広さを見ます。ただでさえ暑苦しい空間ですから、窮屈じゃない程度のスペースは欲しいですよね。
  • 3つ目は、フリーウェイトエリアです。マックスウェイト、設備の充実度、広さ、利用ルールです。
  • 4つ目は、マシンエリアを見ます。マシンの数、種類を見ます。

江東区スポーツ会館との比較

今回は、江東区スポーツ会館との比較です。

こんな感じかと思います。

comparison

まとめ 

如何でしたでしょうか?

ダンベルのMAXウェイトは、非常に魅力的な要素になります。

比較的コンパクトなトレーニングルームですが、フリーウェイトを中心にしていて、レジスタンストレーニングの為に考え抜かれた環境、という印象を受けました。

データ 

Where

千代田区内神田2-1-8

Open hours

平日(月曜~土曜):午前9:00~午後9:00
日祝:午前9:00~午後5:00

第3月曜日が休館日

Price

時間無制限 500円(区外者)

Other

ウォーターサーバー

更衣室 

シャワールーム(無料)