CLAP-N-CLANK

ワークアウト・筋トレ・フィットネス・ライフスタイル

MENU

効率的な筋トレ!筋トレの効果を最大化する方法

せっかくトレーニングの為に時間を作ってるわけですから、筋トレ効果を最大化したいですよね。

 

今回は、筋トレ効果を最大化する秘訣は何なのか、についてまとめてみたいと思います。

f:id:detour88:20180319202630j:plain

 

結論から言うと

秘訣は外には無く、内にあります。

 

つまり、筋トレ効果を最大化するのは、高価なトレーニングメニューでもプログラムでも無く、個人の意識の持ち方にあります。

 

もっと言うと、筋トレの目的=どの部位を鍛えているのかを1レップ毎感じながら行う事で筋トレの効果を最大化できます。

 

科学的にもサポート

宗教的な話をしているのではなく、科学的にもサポートされています。

 

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

「筋収縮を意識して筋トレを行ったグループ」と「筋トレメニューをこなすこと(ウェイトを動かすこと)を意識して筋トレを行ったグループ」で効果を比較した場合、筋収縮を意識して筋トレを行ったグループの方が筋肥大効果があったとの事。

 

マインドマッスルコネクション

 

ってやつです。

 

具体的なやり方

解剖学的な見識があり、骨格筋の構造を熟知している人であればできるかもしれませんが、いきなり

 

「筋肉を意識しながら」

 

とか言われても、難しいわけで。

 

そんな時に、効果的な方法が二つあります。

 

どの筋肉を鍛えるのかを決めたら、

  1. まず、その部位を単独で鍛えるメニューを行う
  2. 筋肉を触りながらやる

ウォームアップ、という事になりますが、ウォームアップという言葉を使うと体をちょっとほぐす的なイメージがついてきそうな気がします。

ちゃんとトレーニングメニューの一部として i.e., トレーニングメニューの配列の一つと意識してしっかり取り組むという事になります。

 

例えば、広背筋であれば、Jeffさんの動画でも紹介されているケーブルマシンを使ったトレーニングとか(1:32)。

 

youtu.be

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

 

まずは筋トレ対象の筋肉を活動させる為にも、トレーニングセッションに意識を集中させる為にも、まずは、筋トレする部位の単独メニューからのトレーニングをおススメします。

 

さらに、まだトレーニング慣れされていない方の場合は、筋トレ対象の筋肉を触って筋収縮を感じる事をおススメします。

 

そのセッション中だけでなく、その後の筋トレライフにおいても、筋収縮を感じる事は非常に有益になりますので、お試しあれ。

 

 

動画データ

Jeff Nippard

公開日  2018/3/17

動画時間 14.38